診断書のサイズ

日本年金機構が用意している診断書は、A3サイズの両面印刷のものです。

ただし、日本年金機構のホームページにはExcelタイプのものも用意されているので、こちらが持参した用紙ではなく、パソコンで作成する医師も多いです。印象としては3分の2はパソコン作成という感じです。

その中でも、印刷をA3サイズではなくA4サイズで印刷するところがあります。

もちろん、A4サイズの診断書も有効で、日本年金機構もちゃんと受理してくれますし、審査もしてくれます。

だからA4サイズでもよいのですが… なぜA3サイズで印刷してくれないんだ!とも思います。字が小さくなるので、若干読みづらいのです。

プリンターがA4までしか印刷してくれないのならやむを得ませんが、地域の総合病院なんですよね… さすがにA3印刷はできると思うのですが… しかもA4の片面印刷を2枚なので、紙の使用量は同じだし… なぜでしょう?