手続き支援

障害手当金の時効についてお問い合わせをいただきました。

障害手当金の時効は「支給すべき事由が生じた日から5年を経過したとき」です(厚生年金保険法第92条)。5年以上過ぎてから請求しても、時効によって受給する権利が消滅していて、受給することができません。

その5年の起算日である「支給すべき事由が生じた日」とは「傷病の治った日」を指します。

なお、そもそもの障害手当金の支給要件として、初診日から5年以内に治った(症状が固定してそれ以上の医療効果が期待し得ない状態に至った日を含みます)必要があります(厚生年金保険法第52条)。大昔に初診日があって、5年以上の時を経てようやく治った…という場合は該当しません。

結局のところ、障害手当金は、初診日から5年以内に治って、その治った日から5年以内に請求する必要がある、ということになります。

他にも支給要件が色々とあって、例えば、老齢年金など他の年金を受けられるとき(年金たる保険給付の受給権者)は支給できません(厚生年金保険法第56条)。

さて、今回のお問い合わせは、「62歳になって特別支給の老齢厚生年金を受給できることとなり、年金事務所へ行って手続きをしようとしたところ障害手当金の案内があり、62歳の誕生日の前々日までに診断書が出せるかどうかで病院を巻き込んだ大騒ぎとなり、最終的には、請求に必要な書類を年金事務所から渡してもらえないまま62歳の誕生日の前々日を迎えてしまい、モヤモヤが残っているのですが、もうダメなのでしょうか?」というお話でした。

この方は、初診日が20年以上も前にあるようなので、今となってはどう頑張っても障害手当金の支給を受けることはできないはずです。

それが、老齢年金の手続き直前になって大騒ぎになったのは、当初の受付窓口の方が「障害手当金は、老齢年金の受給権が発生すると受けられなくなる」という知識を基に慌てたためではないか… そして、後になって、そもそも時効で消滅していることに気づいて書類を渡さなかったのではないか… と推測しています(あくまでも推測ですが)。

症状固定になってすぐに請求をしていれば受給できたのかもしれないので、その点ではもったいなかったのですが(ただし、過去の法改正を調べていないので、その当時も障害手当金の規定があったかどうかは不明ですが。)、「今回、62歳の前々日までに提出できていれば…!」という訳ではないので、せめてその点のモヤモヤ感は解消してあげた方がよいと思い、改めて調べ直してメールで回答しました。

障害手当金はあまり登場しない給付なので、年金事務所の窓口の方も慌てたのかもしれません。私も、いきなりだと間違った内容で答えてしまいそうで怖いです。

ご本人からは、私からの回答に対して「何の利もない相談への真摯な姿勢に感謝しかないです。」とのお返事を頂きました。

表面的には何の利もないのかもしれませんが、調べ直すことで知識が増強されるので、そういう意味ではありがたいお問い合わせで、利はあるのです。

雑記

先日作ったホームページの記事(令和5年度の年金額の説明)をスマホで見てみたら、画像が横にはみ出ていて、ホームページ自体の横幅が画面以上に広がってしまい、ぐらついていることに気づきました。

対処法を検索して、画像の幅を縮めてみたり、幅を100%に指定し直してみたり、色々とやっても、どうしても右側にはみ出してしまいます。

あれこれと試した結果、最終的に、中央寄せの指定がダメなことが分かり、指定なし(左寄せのまま)にしたら直りました。

画像の横幅が大きいので、左寄せでも中央寄せでも幅いっぱいに表示されることになり、左右の余白に差は生じませんでした。ただし、画像の下に添えたキャプチャ(説明文)は左に寄ってしまいます。何となく嫌ですが、もうギブアップです。

ホームページ作りは楽しいと言えば楽しいのですが、ひとたびつまづくと本当に大変です。

手続き支援

昨日の土曜日は、午前と午後、お二方とお会いしました。

午後はサイゼリヤにてお約束。少し早めに行って、お昼をそこで済ませることにしました。

すると、まあビックリ!とっても混んでいます!小さなお子様連れのご家族も多くて店内がとても騒々しく、これではお話を伺うような雰囲気ではないかも…

少々心配しましたが、お約束の14時くらいには多少空いてきて、ちゃんとお話を伺うことができました。

行ったことのない店舗だったので、この店舗はいつも混んでいるのか、それとも、新型コロナが落ち着いてきたということでお客様が戻ってきたのか…

あまりに店内が静まり返っているのも逆に話しづらいし、弊所から遠くにお住まいの方だと弊所にお越しいただくのは負担が大きいし、かと言ってオンラインでは話しにくいという方もいらっしゃるし… などと考えると難しいですね。

手続き支援

郵便の配達にはいろいろなオプションがあります。

速達、簡易書留、一般書留、特定記録、内容証明などなど…。

先日は、「配達証明」というオプションがついた郵便物を受け取りました。

調べてみると、配達証明とは一般書留とセットにする必要があるサービスで、「一般書留とした郵便物や荷物について、配達したという事実を証明するサービス」とのこと。

配達証明|日本郵便株式会社
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/haitatsu/index.html

ちなみに、一般書留とは「引受けから配達までの送達過程を記録し、万一、郵便物等が壊れたり、届かなかった場合に、実損額を賠償する」とのことで、簡易書留と比較すると賠償額の上限が異なるようです(加算を支払えば上限額500万円まで可能!)。

書留|日本郵便株式会社
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/kakitome/index.html

ということは、書留だけでは配達しましたという証明にならないってことなのかしら? 書留を受け取るときには署名が必要なので、署名によって相手が受け取ったという証明が出来そうだけれど、わざわざ配達証明もプラスするということは、何かが足りないんですね。

ちなみに、送り主は社会保険審査会でした!

手続き支援

今日は、所属している年金支援団体の電話相談の当番日です。

大体月に1回の当番をお引き受けしていますが、ひっきりなしに電話がかかってきてトイレに行く時間もないような日もあれば、電話が壊れているんだろうかと心配になるほど電話がかかってこない日もあります。

今日はどちらのパターンでしょうか。

勇気をもってお電話をしてくださった方が、少しでも疑問点や不安点を解消できるよう、脳みそをフル回転させて頑張ります。

手続き支援

日本年金機構の障害年金センターに直接、障害年金を請求した場合、返戻があると角2サイズの封筒で届くことがほとんどです。

そんな訳で、日本年金機構からの角2封筒がポストに入っているとを見ると、毎回ドキッとして心臓に悪いです。

数日前に届いたものは、角2だけれど返戻にしてはやたらと薄っぺらかったので何だろうと思ったら、「〇〇の場合はコチラの請求は取り下げます。」と申し立てていたものが、結局その通りに取り下げることとなり、その請求書が戻されたものでした。これは想定通り。なんだ~よかった~。

そして、昨日も届きました。今度はしっかりぶ厚いです。これは返戻だ… どなたのものだろう…

ドキドキしながら封書を空けると…

5年以上前の障害認定日に遡って請求しているものについて、認定日当時の加算対象者との生計同一関係が不明なので、その当時の住民票(または戸籍の附票)を提出するように、とのこと。

家族全員ずっと同じ住所に住んでいるので、現在の住所がマイナンバー連携で分かればそれでよいものと思っていましたが、ダメなんですね。

これは私の認識不足でした。一刻も早く決定してほしいのに、私の初回提出書類の準備ミスで時間をロスしてしまいました。

せめて再提出は速攻で対応しようと、15時くらいに封書を受け取り、急いで市役所に行って(お隣の市なので片道30分ほどで市役所に行かれます)、当日のうちに住民票を取得してきました。

それにしても… もしかして、これは遡及請求が認められるという前兆かしら? だとしたらとても嬉しいけれど。

手続き支援

初診日の証明に苦労しています。

ご本人に当時のことを思い出していただくと、休職して傷病手当金を受給したことがあるとのこと。であれば、医師から労務不能の証明書を書いてもらっていたはずです。

そこで、当時に所属していた共済組合に電話をして、当時の書類が残されていないか聞いてみると…

「傷病手当金の支給に際して、共済では医師からの書類は預かりませんので、そういう書類はありません。勤務先に出したのではないですか?」

え~?そんなはずはないと思うんだけど…

問い合わせた部署をミスったのかしら?

共済組合は組織が複雑で、私にはよく分かりません。問い合わせ先を再検討して、もう一度アタックしてみます。

雑記

とっっっっても大切な書類を紛失してしまいました!(後で見つかります、ご安心ください。)

夕方16時ごろでしたでしょうか。書類に記入をしようと思って、いつもの引き出しを開けると、書類が見当たりません。その書類には個人情報が満載です。

確かに引き出しの一番上にしまっておいたはずなのに、ないのです。

冊子状で、ある程度の厚みがあるので、他の書類に紛れ込むというのは考えにくいのですが、見つからないので仕方がありません、引き出しの中身を全部出して、引き出しの中で袋にしまってあるものやファイルに綴じてあるものも全部出して、1枚1枚見てみましたが、ありません。

その下の引き出しも、同様にして探しても見つからず。

三段の引き出しがついている机なので、その下の三段目の引き出しも同様にして探しましたが、やはり見つからず。

こうなったら、書棚にしまってあるファイルの方も、ぜ~~~~んぶ出して確認。

でも見つからず。

このサイクルを3周は行ったでしょうか・・・。

でも見つからず。

もう半泣きで、夫に「大事な書類が見つからないので、夕食を作るどころではない。」ということを伝え(こんな緊急事態でも、夕食の心配をしないといけない主婦業とは何なんだ!)、前に使用したときのことを思い出しながら、その時の行動を思い出しながら、さっきも探した場所を再び探しながら、あらゆる可能性を考え、一生懸命考え、でも、やっぱり引き出しにしまったとしか思い出せず、どうしても紛失の状況が思い当たらず・・・。

もう一周しようと、へたりこんだ体勢で引き出しを開けて・・・

奥の方に、何かが見えます。

!!!!!

ありました・・・。

深さ5センチほどの薄い引き出しの一番上に積んでいた書類なので、おそらく、引き出しを開けたときに引っかかって、引き出しの奥の方に滑り落ちて、そして机の一番下に落ちてしまったのでしょう。

今度は本当に泣きながら夫に「見つかった~。」と報告。

どのような状況で見つかったのかを喜び勇んで説明しようとしたら、「そんなことはいいから、早く夕ご飯作って。」

私がどんな思いで、この数時間、書類を探しまくったことか・・・!

その後、引き出しには余裕をもって書類をしまうようにしました。反省。

手続き支援

せめて一か月に1つくらいは受給事例をホームページに上げようと思っているものの、なかなか手を付けられず…。

どうしても、今、抱えている案件に取り組みたくなるんです(当たり前)。

重い腰を上げて受給事例のページ作成に取りかかったものの、1年以上も前に支援した事例なので当時の資料を見直してみないといけないので、大した文字数でもないのですがやたらと時間がかかり…。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

手続き支援

昨日、社会福祉を専門とされている先生(大学教授)によるセミナーを聴講しました。

内容は障害年金にとどまらず社会福祉全般に及び、大変勉強になりました。

その中で、私としてはとても驚いた視点がありました。

精神科の医師がなかなか診断書を書いてくれない… という話はよく聞きます。その理由には様々なものがあると思いますが、その中の一つとして、「医師としての自分が、この患者の精神疾患を治すことができなかった。治っていないという診断書を作成することは、医師としての敗北と感じ、だから診断書作成に拒否反応を示す。」というケースがあるというのです!

ええ~~~!?

う~ん… それだけ治療に真摯に向き合ってくれていると好意的に評価すべきなのかしら? いや、それは違うでしょう。

例えば脳出血で緊急手術をしたけれど手足に麻痺が残ってしまったようなケースで、麻痺の状態について診断書を作成したくないなんて、そんなのはおかしな話です。

もしかして、やたらと軽めの診断書を作成する医師は、「自分がここまで治したんだ。」と言いたいとか? まさかね…。何だか色々と考えさせられました。