初診日の変更

審査の途中で初診日が変更となった方について、障害厚生年金2級の認定日請求が決定しました。

もともとの初診日は今から15年ほど前(A病院)。うつ病の診断で休職し、1年くらい受診を継続しましたが治療効果を実感できず、自己中断しました。

それからも会社をしょっちゅう休んで、毎年有休を使い果たしながら何とか就労を継続。転職もあり。

そして、今から5年ほど前に再受診(B病院)。ここでは適応障害と言われます。先生との相性が悪くて単発受診で終了。1週間ほど休職して復職しました。そして転職。

さらに、今から2年ほど前に再受診(C病院)。うつ病の診断で休職。ここから症状がみるみる悪化し、激しい躁状態も出現。途中で診断名が双極性障害に変更になりました。希死念慮も強く、紹介先のD病院に入院。現在はお仕事を正式に退職し、自宅療養中です。

ご依頼があったのはC病院の通院中の頃でした。病歴を伺って初診日はA病院と判断し、事後重症で進めることにしました。

15年ほど前の初診でしたが、無事にA病院からの受証も入手できました。(実はA病院の前にZ病院があったことが判明。でも、即日の紹介受診でA病院を受診しており、Z病院からの紹介状がA病院に残っていたので、Z病院を初診でもA病院を初診でも同じ日だし、何とかなるだろう…とそのまま進めました。)

診断書をC病院に依頼中、症状悪化でD病院に入院となり、C病院から診断書作成を断られ、依頼先をD病院へ変更。事後重症だから早くして~~~などと思いながら、何とか書類を取り揃えて提出。

ところが、審査中に日本年金機構から、B病院、C病院の受証も提出するように指示が来て、追加提出。

そして、審査の結果、C病院を初診とするとの連絡が来ました。もちろん、障害認定日も変更となり、新たな障害認定日は令和3年12月になりました。

実は、D病院の診断書の現症日は令和4年1月でした。滑り込みで1月31日に受付してもらって、事後重症だから翌月の2月分から支給かなあ、などと考えていましたが、初診日の変更によって認定日請求ができることとなり、うまい具合に認定日請求に切り替え。

結局、認定日請求で決定し、認定日の翌月の1月分からの支給となりました。

審査途中で受証を取り直したり、事後重症請求から認定日請求に変えたりと色々としたので少々時間がかかりましたが、最終的には予定よりも1か月分早めの支給開始となりました。

それにしても、こういう風に初診日が変更になったのは初めての経験です。うつ病→双極性障害の診断名変更が原因なのか、10年ほどの未受診期間が原因なのか・・・。

ご本人様に協力していただいて、初診日変更の経緯を開示請求してみようかなと考えています。