病歴・就労状況等申立書の勉強会

病歴・就労状況等申立書の書き方に関する勉強会に参加しました。土曜日の午後、しっかり4時間コースです。

病歴・就労状況等申立書は、一応のルールはあるものの、これが絶対正解!というものはなく、社労士によっても考え方の違いが出る部分かな…と思います。

昨日の講師の方は、診断書に詳細が書かれている場合には、病歴の方は思い切ってシンプルにすると仰っていました。

そうかあ~ そうですよね~

私は結構しっかりと書くタイプです。特に精神疾患の場合は分量が多くなりがちです。

もちろん、箇条書きにするなど読みやすさには気を配り、よほどのことがない限り両面印刷で2枚に収めますが。

シンプルにするのも勇気がいることです。「あのことが申立書に書いていなかったからダメだったんじゃないか?」などという後悔につながることもあります(本当は無関係だったとしても)。

程よい加減を目指して、今日も書きます!